読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みりころぐ

観劇 (ほぼ宝塚) とiPhoneと買いものが好きなワーキングマザーの日記

感想: 月組『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』

月組トップスター龍真咲さんの退団公演『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』『Forever LOVE!!』を見てきました。

 

は?!?!と思うころ多々なところも含めて、退団公演らしいよい公演だったなあと思います(←ほめてるよ)

 

あらすじはこのへん↓

月組公演 『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』『Forever LOVE!!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

f:id:mintroupe:20160813221850j:image

 

『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』感想

織田信長って、ドラマで見ても和洋折衷な衣装着てるくらいなので、そういえば宝塚向きな方ですね。今まで主役になってなかったのが不思議。

 

突然、象が出てくるんだけど、信長さんだったら、さもありなん。

宝塚だったら、さもありなん。

そんなところも、親和性高い感じ。

 

今回の物語は、頂点に立つ者の孤独とか責任、覚悟などなどを、宝塚のトップさんと重ねて描かれていたように思いました。

 

ありちゃんの恋人のあーさを斬ってしまうのだけど、かれこれこういう理由で斬りました、っていう説明を一切しない信長さん。ちゃんと説明してあげればいいのに。

なんとなく、まさきさんにもそういうこともあったのでなかろうか (←想像)。

 

でも結局「みんな信長さんがダイスキ」っていうお話、、、なのかな。

 

信長さんの生涯といえば、うつけエピソードを織り交ぜつつ、天下とって本能寺で死ぬ話が定番ですけどね。

 

まんべんなく、組子と絡んでいたという点でも退団公演らしかったなあと思いました。

 

ま、お話はさておき。


きらびやかで楽しく、ときめきがあれば満たされるのが宝塚の良いところ。


以下、キラキラスターさんたちの、お気に入りポイントなど。

 

龍真咲さん

龍さんの信長さん。お歌はさすがです。

ポスターの姿になるのは終盤で、ひげも途中から。

でも、ひげついててもキラキラ。

 

信長さんの俺様なところとか、でもただ威張ってるんじゃないよ、っていう孤独感も匂わせつつ、でもやっぱりいつものまさおっていう安心感w

ああ、この台詞回しももう聞けなくなるんだなあ、、、と思うと寂しいです。

 

ラストは旅立つんですけど、史実的にはトンデモ展開なのにスカッとするのは龍さんのキャラによるところも大きかったのではないかと思います。


愛希れいかさん

公演ごとに増していくちゃぴのラスボス感。

トップ娘役のわりには今回出番が少ないような気がしたのだけど、おいしいところで出てくる、やっぱラスボス・裏トップだわ、と思いました。

 

帰蝶の名前にちなみ、紫の蝶々をモチーフにした衣装も素敵。

袴で薙刀ふるったり、忍びの姿になってみたり、ちゃぴの魅力がひきだされてたと思います。ファンはたまらんでしょうね。

 

「信長は私の獲物!そしてただ一人愛した男……!」っていう複雑などろどろした愛憎渦巻いちゃう感じ?という印象でしたが、意外とあっさりでした。

 

美弥るりかさん

私、美弥るりかさんがだいだいだいすきなんですけど!

冒頭の秀吉くんと武将ダンサーズはかっこよくてでテンションあがりました。

 

今回の美弥ちゃんは、恐妻家の忠犬わんこキャラ(サルだけど)。

かと思いきや、後半ちょっとだけ、黒い顔が出てきました。

ああ、美弥ちゃん、やっぱり黒い役なの……(またですか)(でもすき)としばし葛藤。

 

でも、悪くなりきれないところにほっとしました。

まさきさん退団公演で裏切りENDなんて後味悪いもの。

 

珠城りょうさん

ロルテスさん(ひげ)は、何がしたいのかいまいちわからん人でしたが、ラストの引き継ぎシーンは珠さまの真面目さが透けて見えてよいわ。最初からこのキャラがよかったかも。

 

前作・舞音もそうだけど、悪役の珠さまって、すごくかっこいいのだけど、もう一皮むけそうな気がしてもどかしいのですよね。トップになるからもう黒い役はあんまりやらないのかなあ……急いでトップにしなくてもいいのに、もったいない。決まったからには応援するスタンスですけどね!

 

凪七瑠海さん

明智光秀、妹(妻木)を殺されたのが本能寺の変のひきがねになるのかしら?この説は初めて見たよ?と思って、そのあたりの説明を待ってたけど、そんなものはなかった。

 

というか、信長を裏切ったつもりはなさそうでもあり。そもそも本能寺のところ、要らなくない?っていうくらいの扱いだっただけに、光秀はよくわからない感じになってしまってるのかな。

 

みやかちゃで、秀吉と光秀のシンメですが、大河ドラマの年の差考えると……いや、そこは考えないようにしておきましょう。

 

朝美絢さん

あーさ、美しかった!!!!

信長さんを誘惑する女忍者・妻木と森蘭丸の二役。

今回の信長さんは、斬ってしまった者たちのことで苦悩してるから、妻木のことでも苦悩してるはずなんですよ。その妻木に瓜二つな森蘭丸について、そこちょっと詳しく!!!と思ってたんだけど、森蘭丸3秒くらいしか出てこなかった。残念。

 

その他 

駆け足でまとめちゃいますが、、、

沙央くらまさんのバカ殿がうまかった!

ロルテスの幼馴染の千海華蘭ちゃんが、とてもキュートだったり。

組長・飛鳥裕さんのイエズス会司祭も素敵だったわー。

 

 

 

そんな感じで、ショーの話は、また次回。